はてなブログ公式の特集。編集部が気になるブログをピックアップしています。

「はてなブログ大賞2017」発表! はてなブロガーが選ぶ、1年で一番“グッときた”11のエントリー

Hatena Blog Awards 2017

2015年と2016年に続き、今年も「はてなブログ大賞」を開催します!

はてなブログ大賞は、“はてなブログで活躍している”もしくは“はてなブログをきっかけにWebメディアへの寄稿など活動を広げている”ブロガーさんに、2017年に公開されたはてなブログの記事の中から「マイベストエントリー」を一つ選んでもらうという企画です。

今年は10人のはてなブロガーが参加! 記憶に残ってる記事や、感情を揺さぶられた記事、もっと多くの人に読んでもらいたい記事など、“グッときた”エントリーを選出してもらいました。ご協力いただいたブロガーの皆さま、誠にありがとうございました。

加えて、普段から技術にまつわるブログをつづっているはてなのエンジニア、id:y_uukiにも参加してもらいました。

では早速、「はてなブログ大賞2017」の結果を発表します!

(順不同、一部敬称略)

生たこをおいしく食べる11の方法について(ぶち猫)

選:つかだ編集長(id:tokyogyoza)さん

餃子専門ブログ「東京餃子通信」のつかだ編集長さんが挙げたのは、いつも料理にまつわる素敵なブログをつづっている、ぶち猫(id:buchineko_okawari)さんのエントリー。1杯のタコを活用した11種類の料理が紹介されています。試してみたい!

buchineko-okawari.hatenablog.com

<つかだ編集長さんのコメント>

ぶち猫さんのブログは料理の楽しさがあふれ出ていて、いつもワクワクしながらエントリーを読んでいます。特に本エントリーはタコを一匹丸ごと入手したのを発端に、タコの美味しい食べ方をTwitterを通じて募集し、実際に調理をしていくという斬新な記事展開にとても驚かされました。皆さんから集まった11種類のタコ料理の中では、個人的にはお酒の肴として活躍しそうなセビーチェとタコ燻に惹かれました。また、タコは餃子にも合いそうなので、続編でのタコ餃子の登場を期待しています。

築50年の家(約10坪)をフルリフォームしたら幾らかかるか。(かあいがもん)

選:くろいわ(id:shin_kuroiwa)さん

マラソンに関するブログをつづっているくろいわさんは、かあいがもん(id:otousan-diary)さんが書いた家のリフォームにまつわる記事を選出。生まれ変わった家にはもちろん、衝撃のラストにも驚かされました。

www.otousan-diary.com

<くろいわさんのコメント>

リフォーム屋さんの素敵な提案と、それを「面白そう、楽しそう」と即座に受け入れる筆者。どんな仕上がりになるのかこちらまでワクワクしながら読み進めていくと、まさかの結末にびっくり! 面白い短編小説のような読後感でした。「たまにこういうテキストに会えるのがインターネットの醍醐味(だいごみ)だよね」と満足し、ブラウザを閉じて数週間後、ようやく筆者の正体に気付き、2度びっくりするというのもまたインターネットの醍醐味ですね……。

さよなら2歳(ぴっきー)

選:mana_cat(id:mana-cat)さん

子育てにまつわる悩みは人それぞれ。2人のお子さんを育てながらエンジニアとして働くmana_catさんが「励まされた」として選んだのは、同じく2人の息子を育てているぴっきー(id:Pikky)さんのエントリーです。

www.papapatto.com

<mana_catさんのコメント>

2歳の育児は「魔の二歳児」「イヤイヤ期」などと言われており、子育ての壁にぶち当たる親が多くて、私たち夫婦も悩んでいました。選出した理由は、このエントリーの中で「もう親のオモチャではなくなった」「2歳は一番可愛い時期かもしれない」といったフレーズにハッとさせられ、前向きに考えることができるようになったからです。次男(2歳)の育児に悩んでいた夫にも紹介して、一緒に読んだ記事になります。夫婦共働きで平日は大忙しで、核家族化で子育ての悩みについてなかなか相談できない時代になりましたが、読者である親の気持ちに寄り添うような、ぴっきーさんの温かい文章に励まされました。子育ては、人生の中でとても貴重な経験なのだと、はてなブログを通して気付かされました。

2人目の出産。選択的帝王切開手術の様子 その1 次女、産まれる!(しめはは)

選:おなじといっしょ(id:mojamojayoriko)さん

2児の母であるおなじといっしょさんが選出したのは、2人のお子さんを育てているイラストブロガー・しめはは(id:planterplantan)さんによる“出産の記録”のエントリー。読んでいるだけでドキドキします!

planterplantan.hatenablog.com

<おなじといっしょさんのコメント>

独特のタッチがクセになることでおなじみの「ゆきしめ成長記」。その中でも飛び抜けて良かった、次女のなっつちゃんが生まれた帝王切開手術の回です。ご本人はきっと大変だったと想像するんですが、出産、しかも帝王切開という一大事にもかかわらず、わりとどうでもいいことを考えてしまったりするこの人間臭さ。この丁寧で細かな描写が一周回ってリアルです。ご出産おめでとうございます!

世界初?海底から富士山まで登山してきた(ミナミ)

選:もも(id:happydust)さん

普段から登山にまつわるブログを書いているももさんは、“海底”から富士山の山頂を目指したミナミ(id:kuunerudasu)さんのエントリーを選出。海に潜った後に富士山を登り、下山してそのまま海へ戻っていくという5日間の濃厚な旅の記録、必見です。

www.minamisouju.com

<ももさんのコメント>

海抜0メートルから登る話は聞いたことがありますが、「海底から」ってどういうこと? 読むと「西伊豆のダイビングスポットに潜ってマイナス30メートル地点を出発点とし、そこからひたすら徒歩で富士山登頂。下山後にスタート地点まで徒歩で戻ってまたダイビング」という、正直意味がわからない(笑)試みでした。でも本当に楽しそうで、まねしたくはないけど、ちょっとうらやましくなったり。やはり、山も旅もただ目的地に着けばいいんじゃなく、過程をどう楽しむか。一見無駄と思われることに価値がある!とあふれる若さで証明してくれたミナミさんのエントリーを選ばせていただきました。

道重さゆみに心臓を捧げた私が関ジャニ∞に10万円使うまでの3日間の話(tomotty_tty)

選:ささ(id:sasagimame)さん

ジャニヲタブロガーのさささんがピックアップしたのは、初めて関ジャニ∞のコンサートに行って衝撃を受けたというid:tomotty_ttyさんのエントリー。どれだけ夢中になってしまったのか、その勢いが伝わってくる内容です。

tomotty-tty.hatenablog.com

<さささんのコメント>

2017年というのは、個人的にジャニーズファンとしていろいろ考えさせられる年でしたが、アイドルは頑張ってるし、その力はダイレクトに届くし、お金の力は大事だなと思わせていただいて、勇気をもらえたブログ記事でした。

新しい地図『72時間ホンネテレビ』(hiko1985)

選:かんそう(id:ikdhkr)さん

かんそうさんが選んだのは、ブログ「青春ゾンビ」でさまざまなエンタメシーンを切り取っているid:hiko1985さんがつづったエントリーです。AbemaTVで配信された番組『72時間ホンネテレビ』で読み取ったメッセージについて、独自の目線で紹介しています。

hiko1985.hatenablog.com

<かんそうさんのコメント>

文章が対象への「愛」であふれていていていつもハッとさせられる「青春ゾンビ」のhiko1985さんですが、これはその中でも新しい地図、そしてSMAPへの愛がダイナマイトの如く爆発しているエントリー。ファンのみならず、アンチにこそ読んでほしいと感じました。木村読んでる〜〜? 木村〜〜〜?

アニメ『けものフレンズ』は人類史600万年を探求する(骨しゃぶり)

選:id:kasumi19732004さん

「プリキュアの数字ブログ」のid:kasumi19732004さんは、アニメ『けものフレンズ』について考察した骨しゃぶり(id:honeshabri)さんのエントリーを選出しました。骨しゃぶりさんが同作から読み取った世界観とは?

honeshabri.hatenablog.com

<kasumi19732004さんのコメント>

『けものフレンズ』。2017年を代表するアニメですよね。しかしこのアニメ、実は放送が始まった1月にはほとんど話題になっていませんでした。まだ「知る人ぞ知る」アニメだったときに上げられた骨しゃぶりさんのこのエントリー。少なくとも自分はこの記事で『けものフレンズ』「サーバルちゃん」の存在を知りました。『けものフレンズ』はこれ以降ネットで話題となり、各種メディアが取り上げ、一躍スターダムへとのし上がるのです。この記事がネットで話題になったことが後の『けものフレンズ』大躍進の要因の一つだったのではないかと僕は思うのです。

無い権利を考える(mira)

選:まなつ(id:dokodeneru)さん

まなつさんは、mira(id:sultrynight)さんの「無い権利」にまつわるエントリーを選出しました。「日本人として生きているのに、その国でふうふとしてのサポートが受けられない」というmiraさんの思いに、あらためて考えさせられます。

sultrynight.hatenablog.com

<まなつさんのコメント>

私は心身ともに女性でありながら女性のパートナーがいます。そんな私にとって、miraさんのこの記事は心の底から身につまされる内容です。「男も女も犬も子供もいる世界」で人はそれぞれに考え、1人で気楽に、または誰かを愛して共に暮らしています。ただ愛し合って、安心して一緒にいたい。誰もが思うことではないでしょうか。LGBTではない人にも自分以外の人の日常を想像することができる、素晴らしいエントリーだと思いました。

まさかと人生(かしわぎ)

選:ひらりさ(id:zerokkuma1)さん

今年は同人サークル「劇団雌猫」のメンバーとして、さまざまなメディアで活躍していたひらりささん。そんなひらりささんが選んだのは、大学の卒業間際に体験した「まさか」な出来事をつづった、かしわぎ(id:ttt414141)さんのエントリーです。

ttt414141.hatenablog.com

<ひらりささんのコメント>

私がインターネットを好きな理由の一つは、お互いの人生に関係なくあんな人やこんな人の考え方に触れ、コミュニケーションができることです。一方で、インターネットで面白いなと思った人みんな、あなたも私も、今まさにこの瞬間の人生を生きていて、そして変わっていってるんだよなということを知るのも、本当は好きです。この瞬間の、この人にしか書けなかっただろうエントリーを、これからもたくさん読みたいという思いを込めて、選びました。

エンジニアリングや研究開発について思うこと(matsumotory)

選:id:y_uuki

はてなのエンジニア、id:y_uukiが選出したのは、matsumotory(id:matsumoto_r)さんのエントリー。エンジニアリングや研究開発について日々Twitterで言及していたことを、短編エッセイ集のようにまとめたという内容です。

hb.matsumoto-r.jp

id:y_uukiのコメント>

このエントリーを拝読したときに頭に浮かんだのは、技術を目的として生きる道を創る、ということでした。道を創るというのは、簡単なことではなく、matsumotoryさんの経験と思考の積み重ねがあってこそたどり着いたスタイルだと感じました。サーベイと評価の効能、アーキテクチャと実装の違いなど、以前よりmatsumotoryさんから影響を受けた言葉がまとめられており、僕の脳内に今年最もキャッシュされたエントリーです。どうすれば技術力を高め、エンジニアとして成長できるのかということについて迷われている方はぜひ読んでみてください。

* *

以上、「はてなブログ大賞」に入賞した11人のブロガーさまには、レア度5! のブルースターを一つプレゼントいたします。「Myはてな」ページの右側からリンクしている「アイテム受け取り履歴」ページをご確認ください。