はてなブログ公式の特集。編集部が気になるブログをピックアップしています。

長瀬智也主演×宮藤官九郎脚本。ドラマ『俺の家の話』最終話についてはてなブロガーが語ります。

"濃すぎる家族が織りなす王道のホームドラマ"
はじめに|TBSテレビ:金曜ドラマ『俺の家の話』より

2021年1月22日からTBSテレビ系列で放送されたドラマ『俺の家の話』。

TOKIOの長瀬智也さんが主演、宮藤官九郎さんが脚本を務めることで話題となっていた本作が、3月26日に最終回を迎えました。

「能」と「プロレス」の世界、そして「家族」の話が詰め込まれ、2021年3月をもってジャニーズ事務所を退所した長瀬智也さんにとっては、ジャニーズとして最後のドラマでもありました。

そんな『俺の家の話』について、はてなブロガーが語ります。

感想はいわゆる「ネタバレ」的な記載が多く登場します。ご注意ください。

「おれと宮藤官九郎と長瀬智也」

goldhead.hatenablog.com
黄金頭(id:goldhead)さんは冒頭で「おれと宮藤官九郎と長瀬智也。おれが彼らの作品をテレビで見る。それだけの関係である。その関係がはじまったのは2005年のことだった」と振り返ります。ジャニーズ事務所を退所する長瀬智也さんに向けて「長瀬くんは、そりゃもうハリウッド進出してもおかしくない芯のある役者でしょう。おれはそう思うくらい好きだ。それこそ、何年かあとにでも、寿一のようにふらっとドラマや映画の舞台に帰ってきてくれていいのだぜ。ほんと」と言葉を寄せています。


「だから結局のところ、これしかないんだよね。とてつもなく面白かった」

minko.hatenadiary.com
わたしはこのドラマを最終回のラスト5分まで『俺』の家の話だと思って見ていたのだけれど、俺の『家』の話だったんだ」、「そうだよな。人間国宝である二十七世観山流宗家が親父なんだもん。『普通の家』じゃないんだもん」というのは、id:minkoさんです。「特殊な家に生まれ、人間国宝の親父に褒めてもらいたかった男にとって、こんなにうれしい終わり方ってある?」とラストについて語っています。


「思えば、寿一には2人の『父親』がいた」

ban-nen.hatenablog.com
あお(id:ban-nen)さんは「思えば、寿一には2人の『父親』がいた」といいます。「一人は、寿三郎だ。寿三郎には、寿三郎なりの寿一との別れ方があった。そしてもう一人の『父親』、それは、プロレス界における長州力だ。彼にもまた、彼なりの、『子』であるコトブキとの別れ方があった」とドラマを思い返しています。


「プロレスラーは危険と隣り合わせで命を張って戦っている」

www.njpwfun.com
新日本プロレスファンであるカワノ・ユウキ(id:yukikawano5963)さんは、「長瀬智也さんのこれからの“日々”に『思い残し』がない作品にはなったと思う」とした上で、「それでも帰ってきてしまうのがプロレスラー。何度引退してもいいし、何度復帰してもいい。ここまで大掛かりに表舞台から去ることを演出されたのに、いきなりポッと帰ってくる。それがいいのだ。それが許されるのがプロレスラーなのだ」と締めくくりました。


終わりに

ドラマ『俺の家の話』についての感想ブログはいかがでしたか?

ぜひ、あなたもブログに感想を書いてみてください。

俺の家の話

俺の家の話