はてなブログ公式の特集。編集部が気になるブログをピックアップしています。

圧倒的熱量。『劇場版 少女☆歌劇 レヴュースタァライト』もう見ましたか?【感想・考察ピックアップ】


www.youtube.com




「スタァライト」は作者不詳の物語。


キラめきはどこから来て、どこに向かうのか。


そして、この物語の『主演』は誰か。



私は、それが観たいのです。



ねぇ――聖翔音楽学園三年生、愛城華恋さん?



『劇場版 少女☆歌劇 レヴュースタァライト』公式サイトより



そして舞台は「ワイルドスクリーンバロック」へ──

『劇場版 少女☆歌劇 レヴュースタァライト』 が2021年6月4日から公開中です。

前作からさらなる進化を遂げた、ミュージカル×アニメーションならではの演出とアクション魅力的な楽曲に彩られほとばしる、舞台少女たちの赤裸々で鮮烈な感情。120分間絶えず観客に莫大な熱量を浴びせかける、今まさに「映画館で見たい」作品です。

はてなブログでも当時話題となった2018年放送のTVアニメ『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』が迎えた結末の、さらにその続きを描く本作。この特集では、はてなブロガーによる興奮に満ちた感想の数々をご紹介します。

以降で紹介する感想には「ネタバレ」的記述が多く含まれます。ご注意ください。


「なぜトマトなのか?」

negishiso.hatenablog.com

ねぎしそ id:negishiso さんは、観客の印象に強く残ったであろう「ワイルドスクリーンバロック」から「トマト」の謎、舞台少女たちが繰り広げた各レヴューや彼女たちの関係性に至るまで、15,000字に迫る大ボリュームで自らの考えを書き残しています。

「運命を成就させてしまったキャラクターは、そのあとに何事かをなしうるのか」

amberfeb.hatenablog.com

ちょっと尋常でない映画になっている」と語るねりま id:Amberfeb さん。観客を翻弄する変幻自在な展開や「馬鹿馬鹿しい」ガジェットの数々とは裏腹に、キャラクターに対し極めて誠実に向き合っているのが『劇場版スタァライト』だといいます。

「塔の頂上」から「無限に続く道の消失点」へ

xcloche.hateblo.jp

TVシリーズから一貫して登場し続ける「」のモチーフ。その変化と再解釈を通して、xcloche id:xcloche さんは『スタァライト』の変遷について分かりやすくまとめています。

「知ってるはずなのに、見たことない舞台」

act-revuedrive.hatenablog.com

本作は「余白だった『愛城華恋の物語』を埋める物語」だという TAWO id:CLV-301 さん。頻繁に立ち現れる「左右対称」の構図の中でともすれば異質な存在とも取れた主人公・愛城華恋を、シリーズ全体のテーマをも合わせて『劇場版』は見事に描き切っているといいます。

「僕はずっと”スタァライト”に、そういう異質さを求め続けてきたのだ」

lastbreath.hatenablog.com

見終わった感想は『ワケが分からねぇ……』『だが良かった……なぜだかは理解らねぇ……』というものでした」と語る Lastbreath id:Lastbreath さん。余韻と満足感たっぷりに『劇場版 少女☆歌劇 レヴュースタァライト』を振り返るエントリーです。

「ご来場ありがとうございました」

qed495.hatenablog.com

ナグーチカ id:qed495-leavatain-scarlet さんは、公開初日から2日に渡って開催した「オタク座談会」のログをブログに残しています。会話形式で進む解釈と振り返りの中に新たな気付きがあるかもしれません。

【今回紹介したエントリー】


本特集で紹介した感想エントリーの一覧です。まとめて読みたい際にどうぞ。


【ネタバレ注意】劇場版 少女☆歌劇レヴュースタァライト 考察 - 新薬史観

運命の成就、そのあとで——『劇場版 少女☆歌劇 レヴュースタァライト』感想 - 宇宙、日本、練馬

頂点から消失点へ:レヴュースタァライトにおける「塔」と遠近法 - セミになっちゃた

『劇場版 少女☆歌劇レヴュースタァライト』まだあるだろう お前が燃やせるものは - アクト-レヴュードライブ

劇場版 少女☆歌劇 レヴュースタァライト 感想 - イマワノキワ

劇場版 少女☆歌劇スタァライト 感想座談会 - ひな百合手記



🗼 🦒 💨💨💨



週刊はてなブログとは

話題のブログや、スタッフおすすめの記事、はてなブログの使い方をご紹介。インタビューや寄稿も随時掲載。「ブクマ数ランキング」「今週のお題」を定期更新しています。更新情報は以下でチェック!

 

ブログを書く