はてなブログ公式の特集。編集部が気になるブログをピックアップしています。

「はてなブログ大賞2020」発表! はてなブロガーと週刊はてなブログ編集部が選ぶ12記事

はてなブログ大賞2020

思いは言葉に。

はてなブログは、あなたの「書きたい」気持ちに応えるブログサービスです。映画を見た感想、応援する推しへの思い、技術や学習のアウトプット、何気ない生活の記録など、あなただからこそ紡げる「言葉」は、読んだ人が共感したり感銘を受けることも多いはず。

そこで、週刊はてなブログでは「はてなブログ大賞2020」と題し、「はてなブロガー賞」と「週刊はてなブログ編集部賞」の2つの賞を設定。はてなブロガー賞では計9名のはてなブロガーに、2020年に公開されたはてなブログの記事から「マイベストエントリー」をひとつ選んでいただいています。週刊はてなブログ編集部が選んだ3記事もあわせて、計12記事をはてなブログ大賞2020入賞記事としてご紹介します。

それでは、どうぞ!

(順不同)


はてなブロガー賞

週刊はてなブログでは、はてなブロガーの寄稿インタビュー記事を定期的に更新しています。「はてなブロガー賞」では、2020年の1年間に週刊はてなブログ上でいずれかの実績のある一部のブロガーさんに、今年1年で印象に残ったブログ記事の選定とコメントのご協力をお願いしました。ご協力いただいたブロガーのみなさま、誠にありがとうございました。

◆ サウダージ「海の底で物言わぬ貝になりたい」はなんの貝なのか|受賞・かんそうさん

選: ちずるさん


「むすメモ!」のちずるさん(id:tukatukasa)が選んだのはポルノグラフィティ『サウダージ』の歌詞に着目したかんそうさん(id:ikdhkr)の記事。

ちずるさんの選評
タイトルを見ただけで「たしかに!」と目から鱗でした。着眼点がもう面白いのに、歌詞をヒントに貝を絞っていく流れにワクワクしましたし、解明しようとする姿勢に尊敬です。
この記事に歌詞を掘り下げてみることの楽しさを教えてもらってから歌を聴くときは、歌詞をじっくりとリアルに想像するようになり、前から好きだった歌がより好きになりました。

選: ちずるさんid:tukatukasa

◆ 小学5年と登る大菩薩嶺 山ごはんはハヤシライス(ムスコッチ希望)|受賞・リタリルさん

選: ちえころさん


チョコ好きかつ、まだ見ぬチョコレートを求めて「チョコ旅」をすることもあるというちえころさん(id:chie1129)が選んだのは、時勢柄なかなか旅行ができずに溜まっていった「旅欲」を浄化させたというリタリルさん(id:ritaril)の旅気分が味わえるエントリーです。

ちえころさんの選評
気軽に旅ができない中、怨念のごとく溜まった私の旅欲を浄化したのが、リタリルさんのブログでした。
行程や服装など準備が具体的。かつキレイな写真をこまめに撮ってまとめられているので、爽快な旅気分&ワクワク感を味わえます。
加えて、ごはんのレシピが美味しそうすぎてたまらんのです!今回の家仕込みハヤシライスwithゆでたまごは、そこらへんのパンケーキよりめちゃくちゃ映えてます。

選: ちえころさんid:chie1129

◆ ゴールデンカムイに触発されて明治四十三年に書かれたアイヌのヒロインと不死身の豪傑が旅する講談速記本を24000文字くらいかけて解説することにした|受賞・山下泰平さん

選: はせおやさいさん


「インターネットの備忘録」で、生活から仕事まで幅広い記事を更新し続けているはせおやさいさん(id:hase0831)が選んだのは、本企画の選者でもある山下泰平さん(id:cocolog-nifty)の記事。マンガ『ゴールデンカムイ』について、24,000文字に及ぶ解説をまとめています。

はせおやさいさんの選評
2020年は本当に様々なことがあり、ネットで公開される文章にも、なんとなく重い空気が漂うものが多かったように思います。そんな中、個人的にものすごく面白かったのが「山下泰平の趣味の方法」さんの、この記事。なかなかのボリュームですが、ユーモアと独特のリズムでぐいぐい読めて、クスッと笑え、知らなかった世界への扉を開いてくれるような記事でした。ブログは未知の「知」の入り口へも連れて行ってくれるのだなと感動しました!

選: はせおやさいさんid:hase0831

◆ 【徹底検証】鬼滅の刃マンチョコ30袋開封!煉獄杏寿郎は一体何枚入っているのか!? |受賞・小太郎さん

選: ひゃくまんさん


小学生ブロガーひゃくまんさん(id:shiyuzevo)が選んだのは、今年を代表する作品『鬼滅の刃』のチョコレート「鬼滅の刃マンチョコ」を30袋開封し続けた小太郎さん(id:kotarou_gohan)による記事でした。子どもも大人も楽しめる内容です。

ひゃくまんさんの選評
鬼滅の刃マンチョコの中身が知れる記事です。煉獄さん狙いで袋を開封するとき煉獄さん来るか? とワクワクしながら読みました。煉獄さんじゃないのが出るたびに自分でつっこんでいたのが笑えました。シールをウエハースで隠して自分で予想していたけど外れた時が面白いです。また30袋開封してほぼかぶっていなくて、ほとんどのシールを見れるのもうれしいです。最後ウエハースの量がえぐかったのも面白かったです。

選: ひゃくまんさんid:shiyuzevo

◆ 田中秀和さんの新曲"Shiny day"のコードを耳コピしましたの巻|受賞・id:hamamotodankoさん

選: ナンバユウキさん


ブログ「Lichtung」を運営する美学者・ナンバユウキ(id:lichtung)さんが選んだのは、id:hamamotodanko さんによる、作曲家・田中秀和さんの新曲を“耳コピ”した記録と分析です。コード進行から、徐々に曲の良さが種明かしされていきます。

ナンバユウキさんの選評
ポップ・ミュージックとアニメソングはわたしたちに魔法をかける。魔法だから魔法のようにいつかけられたかもどうかけられたかも分からず魔法にかけられる。それでいい。いいけど魔法使いたちの魔法を解読したくもなる。音楽の魔法使いに魔法使いが挑むそれは楽理分析とか言われる。これは魔法使いの呪文を読み解くブログ。魔法への愛に満ちているから魔法が使えなくても読める。その愛を聴き取ればいい。いっそう魔法が魔法であることが分かるから。

選: ナンバユウキさんid:lichtung

◆ 新橋で日本酒を呑む「酒と肴ひらの」と「割烹山路」|受賞・ぶち猫さん

選: 冬木糸一さん


書評家で、ブログ「基本読書」を運営する冬木糸一さん(id:huyukiitoichi)が選んだのは、ぶち猫さん(id:buchineko_okawari)によるエントリー。こちらは「はてなブログ タグ」のリリースキャンペーンへご参加いただいたもので、ぶち猫さんの「大事なお店」が美しい写真とともにつづられています。

冬木糸一さんの選評
子供の頃思い描いていた大人は、仕事終わりに後輩や同僚と連れ立って、いきつけの店とかバーに行って、マスターっぽい人と小粋な話をする存在だった。現実で大人になった僕が仕事終わりに行くのは(今は)サイバーパンクの世界であり、仲の良い同僚も後輩もいなけりゃ行きつけのバーや飲み屋もない。

ぶち猫さんのこの記事で描かれているのは、相手に敬意と尊敬を払い、素晴らしい関係が成立している、僕が昔憧れた理想の大人の飲み方、店との付き合いだ。あまりにも眩しすぎ、幼き日の大人に対する憧憬が一気に蘇ってきたので選ばせてもらった。

選: 冬木糸一さんid:huyukiitoichi

◆ バイバイ、ヴァンプ!観たよ、オタクの感想|受賞・id:yocoshica さん

選: CDBさん


映画ブロガー・CDBさん(id:Cinema2D)は、id:yocoshica さんによる映画『バイバイ、ヴァンプ!』の感想を挙げました。賛否を巻き起こした映画と、それに出演する“推し”への思いが丁寧に書かれています。

CDBさんの選評
自分の「推し」の出演作が、もしも自分の信じる価値観と正反対の作品だったら。今年初めに炎上した映画作品について、出演者のファンの方が誠実に綴られた記事です。馴れ合いの正当化ではなく、居丈高な断罪でもなく、社会と個人の間で悩みながら紡がれた丁寧な言葉は、他のグループのファンにも広く読まれました。その後も多くの作品を巡り議論が二分する中、正と非を我がこととして考える姿勢は、推しを持つ者すべてに来年以降もヒントを与えてくれるように思います。

選: CDBさんid:Cinema2D

◆ 面接・外食が苦手・椅子直した|受賞・うきめさん

選: 山下泰平さん


作家・山下泰平さん(id:cocolog-nifty)が選んだのは、うきめさん(id:menobear)のエントリー。ちょっとした日常の様子に共感する部分があり、ついつい繰り返し読んでしまう内容です。

山下泰平さんの選評
こういう人がいるのかと思えるだけのブログが好きでよく読んでいたのだが、どんどん数が減っているように感じている。良い方向で話題になることもないし、昨今では炎上のデメリットも大きい。減っていくのが当然なんだろうが、そういうブログは常にあって欲しいと思う。この日記は偶然見つけ随分と読み込んでしまったんだけど、人に紹介すると消えてしまうものがあるような気がしないでもない。

選: 山下泰平さんid:cocolog-nifty

◆ カリカリベーコンの作り方を教わりにユタに行った話|受賞・id:sabanokizushi さん

選: 古賀及子さん


「デイリーポータルZ」編集部に所属し、ご自身のブログ「まばたきをする体」も更新を続ける古賀及子さん(id:mabatakixxx)。デイリーポータルZの新人賞にもエントリーされていたという本記事は、海外旅行の難しくなった2020年に、くすっと笑ってしまう内容でした。

古賀及子さんの選評
緊急事態宣言が5/25まで発出されていたのでそのなかでアップされた記事ですが、過去の旅行の記録なのでコロナ感がゼロなんですよね。そろそろそういう記事が読みたいなというタイミングだったのをすごくよく覚えてます。人生レベルでちょっとないくらいきれいなオチのある、いわゆるすべらない話として可笑しくて大好きです。

私が編集部員をしているデイリーポータルZの新人賞に応募していただいて賞も出したので、またここで選ぶのは選びすぎでは!? と思ったのですが、こういうてらいない雰囲気のエピソードが輝く年だったよなと、これにしました。

選: 古賀及子さんid:mabatakixxx


週刊はてなブログ編集部賞

週刊はてなブログ編集部からは、厳選した3記事を選定。趣味や技術、日々の生活を「著者らしい言葉」で語っていることや、2020年らしいことなどを考慮し、厳正な審査を経て決定しました。

◆ この時期、業務で低パフォーマンスを出し続ける覚悟|受賞・id:tagomoris さん

選: 週刊はてなブログ編集部


1記事目は、2020年の4月に公開されたid:tagomoris さんによる「この時期、業務で低パフォーマンスを出し続ける覚悟」。職種を問わず、リモートワークをする全ての人に読んでほしい内容です。

tagomoris.hatenablog.com

選評
コロナ禍におけるリモートワークの普及で、自宅環境の整備やコミュニケーション方法など「リモートワークをうまくやる」ための記事が多数公開された。そんな中、4月に「業務で低パフォーマンスを出し続ける覚悟」を公開したtagomorisさん。自分を冷静に見つめた意思と覚悟は、等身大であり、2020年らしく、はてなブログ大賞にふさわしいと思いました。

◆ 人生で初めて彼氏ができた|受賞・有機栽培さん

選: 週刊はてなブログ編集部


2記事目は、有機栽培さん(id:muriyada444)による記事。いつもと異なることが多かった2020年に心が温まるエントリーで、その後の更新もつい読んでしまいます。

選評
誰かの人生の物語を読めるのがブログの醍醐味です。人生の折々で起こる転機は、ひとことで簡潔に表現することもできますが、自分なりに解像度を上げて記録をすることは、その行為そのものが尊いと思っています。「人生で初めて彼氏ができた」というタイトルに集約されるストーリーを、3,000字を超えてつづった有機栽培さん。わたしを含め、読み手が幸せになった記事でした。これからの更新も楽しみにしています。

◆ 君はインターネットに「感謝」しているか|受賞・結騎 了さん

選: 週刊はてなブログ編集部


最後は、結騎 了さん(id:slinky_dog_s11)さん。本企画の締めくくりにふさわしい内容でした。

選評
2020年のブログ市場は成熟していて、書く理由も人それぞれです。はてなブログは、その人にしか書けない言葉をつづってほしいと思っています。それはどんな些細な考えや感情も大事にしたいという思いからですが、その思いが伝わっていたと感じると同時に、もっと多くのユーザーさんにも広げていきたいなと思わされる記事でした。結騎 了さんの本文より引用し、はてなブログ大賞2020の締めとします。
“n=1 が「許される」環境、それが、私にとってのブログなのだ。この日常を止めることなんて出来ない。”


「はてなブログ大賞2020」に入賞した12人のブロガーさまには、はてなブログオリジナルグッズをプレゼントいたします。入賞者の方には、登録メールアドレス宛に送付先情報等を確認するメールをお送りします(取得した情報は本賞品送付用途以外には使用いたしません)。

◇◇◇


2020年もはてなブログ上でたくさんの記事が公開されました。また、今年は「おうち時間」が増加した影響もあってか、新たにブログを開設する方、久しぶりにブログを更新された方も多い1年となりました。

今年初めてブログを開設したという方も、久しぶりにブログを更新したという方も、定期的にブログを更新し続けているという方も。2021年もはてなブログをどうぞよろしくお願いいたします。

受賞者と選者のブログ一覧

選者一覧

年末年始は2つのキャンペーンを実施中!


はてなブログでは、2020年12月18日(金)から2021年1月8日(金)まで、特別お題キャンペーン「#買って良かった2020」を実施中です。

特別お題「#買って良かった2020 」

blog.hatenablog.com

さらに、デザインテーマコンテストも応募受付中。年末年始のお休みの間に、ぜひご参加ください。

blog.hatenablog.com

「年間はてなブログランキング」もどうぞ!

blog.hatenablog.com

追記

2020年12月30日(水)11時に公開した内容に一部誤りがありました。同日11時21分に当該箇所を修正しました。お詫びして訂正いたします。