新しいジャニーズの時代を築く。ジャニーズJr.ユニット「SixTONES」の魅力。

ジャニーズをデジタルに放つ新世代。
そんなキャッチコピーとともに一躍話題となった「SixTONES(ストーンズ)」。


SixTONES「この星のHIKARI」(Summer Paradise 2018 in TOKYO DOME CITY HALL)

「SixTONES」は髙地優吾さん、京本大我さん、田中樹さん、松村北斗さん、ジェシーさん、森本慎太郎さんの6人で構成されたジャニーズJr.内のユニットです。

2015年5月1日の結成以来、さまざまな活躍を見せてきた彼ら。2018年10月には「YouTubeアーティストプロモ」キャンペーンへ抜擢され、東京・品川駅に巨大なビジュアルポスターが登場。また、翌11月には滝沢秀明さんのプロデュースによりオリジナル曲「JAPONICA STYLE」のミュージックビデオがYouTubeに公開されました。

これからさらに勢いを増していくであろうSixTONES。今回はそんな彼らの魅力を、はてなブログに集まったエントリーからご紹介します。

個性豊かなメンバー

SixTONESを語る上で大切なのは、もちろんメンバーの6人。さまざまな個性や特技を持った彼らに、ぜひ注目してみてください。

そんなメンバーを紹介しているのがこちらのエントリー。SixTONES兼2次元のオタクだというima (id:mtmrhk)さんは、「二次元との大きな違いは『キャラクターに惚れてもらうための』公式プロフィールが載ったHPが存在しない」ことだと考え、6人のプロフィールを作成しました。
mtmrhk.hatenablog.com

「YouTubeアーティストプロモ」キャンペーンへ抜擢

2018年10月、YouTubeが世界的に展開している「YouTubeアーティストプロモ」キャンペーンへの、SixTONESの抜擢が発表されました。「ジャニーズをデジタルに放つ新世代。」というキャッチコピーが話題になったのもこの時です。

大好きな人たちが大舞台への階段を物凄い勢いで登っていく」と語るのはmist_storm_177(id:mist_storm_177)さん。世界的な広告キャンペーンに抜擢されたSixTONESを追うファンの気持ちがつづられたエントリーです。
www.mist-storm-177.xyz

こちらはそのキャンペーンにあわせて、SixTONESの巨大広告がJR品川駅で公開された際のエントリー。喜怒哀楽の激しいみゆ (id:jurijurijurijurijurijuri)さんのテンポのいい文章によって、SixTONESが駆け上がっていく勢いを感じることができます。
jurijurijurijurijurijuri.hatenablog.com

「JAPONICA STYLE」ミュージックビデオ公開


SixTONES(ストーンズ) - JAPONICA STYLE [Official Music Video]


そして、2018年11月4日には「ジャニーズをデジタルに放つ新世代。」というキャッチコピーにふさわしく、SixTONESのオリジナル曲「JAPONICA STYLE」のミュージックビデオがYouTubeに公開されました。みと(id:ff00_00may)さんのこちらのエントリーには、その時の喜びがつづられています。
ff0000-may.hateblo.jp


ジャニーズとして異例であるYouTubeでのミュージックビデオ公開。そんな「JAPONICA STYLE」のミュージックビデオを見て、SixTONESを好きになったというgyunyun(id:gyunyun)さん。エントリーでは、メンバーそれぞれの印象について書かれています。
https://gyunyun.hatenablog.com/entry/2018/11/13/002333gyunyun.hatenablog.com

今、SixTONESを見るならYouTubeから


SixTONES、半年ぶりの食事会&企画会議

毎週金曜日、ジャニーズJr.チャンネルでSixTONESの動画が配信されています。ファンの間で「ストチューブ」とも呼ばれているという彼らの動画は、見ごたえがたっぷり。

どの動画から見ればいいのかわからない、という方におすすめなのがchisawow(id:chisawow)さんの「この順番でこの動画だけまずは抑えておけば、彼らのキャラクターや関係性や鉄板ネタがわかるぞ、という6本を勝手に厳選してまとめました!」というエントリー。まずはこちらを参考にSixTONESのYouTubeを楽しんでみてください。
chisawow.hatenablog.com


Gaemix(id:Gaemix)さんはSixTONESの動画を、パフォーマンスとそれ以外に分けてピックアップ。以下に紹介したエントリーはそのパフォーマンス編です。YouTubeで配信されているSixTONESのパフォーマンス動画を、「ギラギラ系」や「アイドル系キラキラ」など独自のジャンルに分けて紹介しています。
gaemix.hatenablog.com

圧巻のステージに魅了


SixTONES「Jungle」(「ジャニーズJr.祭り 2018」単独LIVE in 横浜アリーナ)
彼らの魅力はその容姿やキャラクター性だけではありません。思わず息をのむほどのステージが、多くのファンを引きつける理由のひとつです。

YouTube動画でバラエティ能力の高さを発揮している彼らの、歌って踊れるアイドルとしての魅力。奏(かな)(id:aosaka8)さんのエントリーでは、SixTONESをダンスという視点から分析しています。
aosaka8.hatenablog.com


また、ジャニーズにハマるのは、ジャニオタだけではありません。秋百合 (id:akiyuri-stlover)さんはロックバンド・THE ALFEEのファン。「生まれて初めてアイドルを好きになった」という秋百合さんの愛が詰まったエントリーになっています。
akiyuri-stlover.hatenablog.com

これからの活躍に期待が集まるSixTONES


SixTONES @ YouTube FanFest Music JAPAN 2018 | 「JAPONICA STYLE」「IN THE STORM」「Amazing!!!!!!」
SixTONESは2018年12月11日に幕張メッセイベントホールで開催された「YouTube FanFest Music」にも出演。大トリを務め、会場を大いに盛り上げました。

ジャニーズJr.という肩書きのままジャニーズの新世代を背負うSixTONES。こちらは、そんな彼らから「一秒たりとも目を離したくない。離せない。」というquietdolls(id:quietdolls)さんのエントリーです。
ifurstar.hatenablog.com

また、YouTubeのジャニーズJr.チャンネルではSixTONESのほかに「Snow Man」「Travis Japan」「Sexy美少年」「HiHi Jets」らも動画を配信。また、関西ジャニーズJr.にも「なにわ男子」というユニットが誕生し、ジャニーズJr.は盛り上がりを見せています。

新たな道を切り開きながら走り続ける彼らについて、皆さまの愛に溢れたエントリーをお待ちしております!

ブログを書く

STAGE navi(ステージナビ) vol.21 (NIKKO MOOK TV naviプラス)

STAGE navi(ステージナビ) vol.21 (NIKKO MOOK TV naviプラス)