はてなブログ公式の特集。編集部が気になるブログをピックアップしています。

『葬送のフリーレン』『あさひなぐ』…… アル&はてなスタッフ4名が選ぶ #わたしのおすすめマンガ2020

f:id:hatenablog:20201006111250j:plain

はてなブログでは、記事に任意のタグ(はてなブログ タグ)をつけられるようにしました*1

これにあわせて「#はてなブログで教えて キャンペーン」を実施。本記事では、マンガコミュニティ『アル』賞品提供のキャンペーンタグ「#わたしのおすすめマンガ2020」について、アル&はてなそれぞれのスタッフに伺いました! 回答者は、アル代表取締役 けんすう(古川 健介)さん、プロダクトオーナー くまみさん、はてな執行役員 大西(id:onishi)、はてなマンガチームでデザインと企画を担当するスイミー(id:swimy1113)の4名です。

『葬送のフリーレン』原作: 山田鐘人/作画: アベツカサ

けんすう @kensuu

アル代表取締役。
マンガを売りまくって、業界を超盛り上げて、マンガに関わる人全員を幸せにしたい


せっかくなので、最近1巻がでたマンガを紹介したいなと思うのですが・・・。

『葬送のフリーレン』です。勇者たち一行が世界を救った後の話なのですが、その中の魔法使いである、エルフのフリーレンが主人公です。フリーレンはエルフなので人間よりもはるかに長寿で、ほかのメンバーは老いていきますし、先に死んでいきます。エルフにとっては50年も100年も些細なものなのです。

そんなフリーレンが、平和な世界をいろいろ回る・・・というのがこのマンガのテーマですが、旅の先での人とのやりとり、勇者パーティーとの思い出などを丁寧に扱っていくような話の進み方に、心が暖かくなる感じがします。

中世風の剣と魔法のファンタジーの世界で、魔王を倒したあとの、平和でゆったりとした世界を描いている名作です!おすすめ!

『ワンダンス』珈琲

くまみ @kumakumasoda

アルのプロダクトオーナー。
心の機微を描くマンガが好きです。


#わたしのおすすめマンガ2020 は、2人の高校生が精神力高くダンスで自己表現をしていくマンガ『ワンダンス』です。いわゆるスポ根青春部活マンガとは少し違う、「誰の目も気にせず心の底から楽しんで打ち込むこと」を軸とした作品です。

未経験でダンス部に入部した小谷君が、一際キラキラと踊る湾田さんに惹かれてダンスに向き合っていく本作。自分を客観視しまわりの部員をリスペクトして、すごい速さで成長していく小谷君と、誰にも影響されずに自分が楽しんで踊ろうとする湾田さんの対象的な2人がペアを組んでダンスに取り組む姿に一緒にワクワクします。特に湾田さんの表情や、まっすぐ人と向き合う姿に惹かれる読者は多いハズ……!


何事も「一番楽しんでいる人が一番強い!」と気付き、なんとなく過ぎる毎日を振り返って自分なりの「一番の楽しめること」を思い返すことができます。大人にオススメの青春マンガです。


2020年9月23日現在、4巻まで発売中。アルにも様々なコマ画像が投稿されているのでぜひチェックしてみてください!

『あさひなぐ』こざき亜衣

大西康裕 id:onishi

株式会社はてな 執行役員 サービス・システム開発本部長。
藤子・F・不二雄をこよなく愛するはてなの創業メンバー


『あさひなぐ』には部活スポーツマンガのすべてがある。スポーツとの出会い、努力、成長、仲間、ライバル、嫉妬、先輩と後輩、卒業、恋。
とくに取り柄のない主人公、東島旭(とうじまあさひ)が高校で初めて薙刀を知り、入部し、心身ともに成長していく様を描いた部活スポーツマンガです。王道的なストーリー展開の中に、思わずはっとしてしまう展開や描写があり、何度も心打たれました。

メインの登場人物は言うに及ばず、脇役に至るまで丁寧に描かれ、強い者もそうでない者も、それぞれの想いをもって部活に取り組んでいる様子が様々なエピソードから浮かび上がってきます。
2巻95ページで初登場する、ライバル校である國陵高校の三須英子は、主人公と同学年の紺野さくらのデビュー戦でこれといって活躍せず負けるいわばモブキャラ的存在でした。
そんな彼女が主役となる回が、18巻202本目「三須英子の野望」。圧倒的強者、宮路真春に対して自らを脇役と認める三須が心に秘めた野望とは。インターハイ予選の激戦の中のインターバル的な一エピソードですが、ぐっと心に迫りました。


ちょうど先日、9年半に及ぶ長期連載が完結した『あさひなぐ』、是非読んでみてください!

『青野くんに触りたいから死にたい』椎名うみ

スイミー id:swimy1113

2012年にデザイナーとしてはてなに入社し、現在は「コミックDAYS」や「マガポケ」などを運用するマンガチーム所属。
幼少期から漫画を読むのも描くのも大好き。2児の母。


『青野くんに触りたいから死にたい』は、可愛い恋愛ラブコメかと思わせる出だしから、読み進めるとどんどん引き込まれて、いつの間にか、心の奥がギュッと掴まれます。私はこれ以上、怖いくらい純粋で、だからこそ狂気で、切なくて苦しくて得体の知れない恐怖があって、全身に鳥肌が立つ体験ができる漫画を知りません。

ジャンルでいうとホラーなのですが、エピソード一つ一つが土着の伝承に隠された謎などを交えてきっちり作り込まれており、妙なリアリティがあります。異世界の描写では、わかりやすい装飾は加えずに登場人物の雰囲気、張り詰めた空気を描く事で異世界を表現し、それによって不気味さが増してどんどん引き込まれていきます。その演出がどれも素晴らしく、一度読むと「抜け出せないところにきてしまった...…」という感覚になります。


この作品のハッピーエンドって、一体なんだろう? ありきたりのところには落ちない雰囲気があります。毎月アフタヌーンを読むのが楽しみです。

あなたのおすすめマンガも募集中

アルとはてなブログによるキャンペーンタグ「#わたしのおすすめマンガ2020」では、あなたのおすすめマンガも募集中! 投稿の中から、スタッフが厳選した3記事にはオリジナルグッズをプレゼント。ご応募お待ちしています!

はてなブログ タグ「#わたしのおすすめマンガ2020」には、すでに感想が集まっています! ぜひこちらも参考にしてくださいね。

キャンペーンの詳細は、以下の告知をご確認ください。

blog.hatenablog.com