はてなブログ公式の特集。編集部が気になるブログをピックアップしています。

「その瞬間だけは『友達』になる」。深夜ラジオを聴いているはてなブロガーの感想をピックアップ!

f:id:hatenablog:20211019120238p:plain

お笑い芸人や歌手、タレントがパーソナリティーを務める、ラジオの深夜番組。

テレビよりもくだけたトークや、時にはリスナーが電話出演するなど、パーソナリティーを身近に感じられるのが、深夜ラジオの魅力のひとつ。

放送開始から50年以上の歴史を持つ長寿番組『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)や、2002年から放送を続ける『JUNK』(TBSラジオ)などを中心に、根強い人気を集めています。

そんな深夜ラジオを聴いている はてなブロガーの感想記事を、ピックアップしてご紹介します。

その大きな輪の中に自分も入れてもらえたような気がした。

ribboncitron.hatenablog.com

いろいろ御託を並べてみたものの、このセッション以上の言葉は見つからないし見つける気もない。なぜならこれがあの夜の集大成でありすべてだから。

『星野源のオールナイトニッポン』に若林正恭さん(オードリー)がゲスト出演した回を聴いた すみそ(id:Ribboncitron)さん。「心から尊敬しているひと同士が心を通わせているさま」を聴くことができる喜びについて、「こんなに心躍ることは生きていてなかなかない」と語ります。

それは、確かに深夜、友人と眠いねなんて言いながら過ごすあの感覚に似てる。

tsuku-snt.hatenablog.com

で、ちょっと思ったんだけど、いい意味で私にとってラジオは他人事なのだ。
へえ、って思いながら聴いてる。だからこそ時々、不意打ちで刺さってそれがまた気持ちいい。
ヘビーリスナーさんの名前を覚え、時々番組内で出てくる名前に、お、相変わらず元気そうだなとにこにこしたりするのが楽しい。

「パーソナリティもヘビーリスナーも含めてなんだかその瞬間だけは『友達』のような気持ちになる」という つく(id:tsuku_snt)さん。ラジオならではの、パーソナリティーやリスナーとの距離感の近さについて、その居心地のよさをつづります。

従来の芸人ラジオのフォーマットを完全にフリとして利用してくる強さと、その強さを感じさせない内容のユルさ。

mrchildren.hatenadiary.com

メタ視点での分析内容自体にもクレバーさが現れているし、それを番組中で発言することを通じて、そのような分析は裏ですることという固定概念を打破してくるという点でも面白い。能ある鷹は爪を隠すというのが定説な中で、爪を時々表に出すという逆の発想で笑いをとる力がある。

『フワちゃんのオールナイトニッポンX』について語る 檸檬(id:MrMikan)さん。「能ある鷹は爪を隠すというのが定説な中で、爪を時々表に出すという逆の発想で笑いをとる力がある」と、ラジオにおけるフワちゃんの魅力を分析します。

暗闇で静かに話す誰かの声を聴いている時、ああよかった、と心の底から安堵する。

okome-q.hatenadiary.jp

「つらくなったら、われわれにはラジオがあるじゃないですか!」
その言葉が脳内で反響して、うち震えている間に、おぎやはぎの二人はマリトッツォを頬張って「どらやきマリトッツォのほうがおいしい」という話をしていた。もごもごしながら話をしているのがおかしくって、布団の中で泣きながら笑ってしまった。

最近、深夜ラジオを聴き始めたという id:okome_q さん。先日、大きな地震があった日の『おぎやはぎのメガネびいき』を聴きました。「今はひとり布団の中だけど、その両横には同じようにラジオを聴いている人の姿が確かに在る」と、ラジオを聴いている間の安心感を語ります。


好きなラジオ番組について、ブログを書いてみませんか?

あなたには、好きなラジオ番組や思い出の番組はありますか?

ぜひ、その感想や魅力について、ブログに書いてみてください。

ブログを書く


<ラジオに関する過去の記事>
blog.hatenablog.com