はてなブログ公式の特集。編集部が気になるブログをピックアップしています。

SixTONES、デビュー! 『Imitation Rain』までの軌跡、ファンとの固い絆……愛の詰まった記事を集めました。

2020年1月22日、シングル『Imitation Rain』でCDデビューするSixTONES(ストーンズ)。ジェシーさん、京本大我さん、松村北斗さん、髙地優吾さん、森本慎太郎さん、田中樹さんの6人からなる、ジャニーズ事務所のアイドルグループです。

2015年5月1日の結成から、SixTONESは多くの人気を集めてきました。そんな彼らのパフォーマンスは、まさに圧巻です。


SixTONES - Imitation Rain (Music Video) [YouTube Ver.]

デビュー曲『Imitation Rain』は、X JAPANの YOSHIKIさんがプロデュースしたことでも話題になりました。

ファンと共に歩み、共に努力してきたジャニーズJr.時代。SixTONESのそばにいたファンの言葉を集めました。

多くのファンを集めた「ストチューブ」

yu-kanclub.hatenablog.com
これまで、YouTubeで多くの動画を配信してきたSixTONES。「ストチューブ」と呼ばれ親しまれているそれらの内容は、パフォーマンスからメンバー6人での旅行まで、多岐にわたります。yu-kanclub(id:yu-kanclub)さんは、滝沢秀明さんがMVをプロデュースしたことでも話題になった『JAPONICA STYLE』を紹介した上で、「JAPONICA STYLEから始めるSixTONES入門」としてほかのYouTubeの動画も紹介しています。


SixTONES(ストーンズ) - JAPONICA STYLE [Official Music Video]

ライブで共有した感動

chisawow.hatenablog.com
ジャニーズJr.としては最後のライブツアーとなった『Rough“xxxxxx”』。沖縄コンベンションセンター劇場棟で行われた最終公演について、chisawow(id:chisawow)さんが語っています。「最高を期待されてるのにそれを遙かに上回るとんでもない爆発が起きた」というライブ。SixTONESと歩むこれからが楽しみになる素敵な記事です。


spotlightspotlight2.hateblo.jp
すみれ (id:spotlightspotlight)さんはSixTONESのデビューツアーとなるライブ『TrackONE -IMPACT-』が、人生で初めてのジャニーズのコンサートでした。「生であの空間にいて、俺たちが!SixTONES!ってやって、少し近づけた気がする。」というすみれさん。セットリストとともにライブの感想を書いています。

kcpri.hatenablog.com
こちらも同じくライブ『TrackONE -IMPACT-』についての記事です。2020年1月7日の夜に横浜アリーナで行われた公演は、SixTONESがジャニーズJr.として行う最後のライブになりました。その公演に入っていたkcpri(id:kcpri)さんは、「6人が『おれたちがーーー!』と叫ぶと今日イチの声量でジャニーズJr.!って。よこありが鳴りやまない拍手と歓声に包まれた。」とその時の様子をつづっています。



SixTONES - "Laugh" In the LIFE (FocusCam @ Osaka-Jo Hall "CHANGE THE ERA -201ix-")

ファンとの固い絆

iyaoshisaiko.hatenablog.com
こちらの記事を書いたのは、SixTONESを好きになってから時間が経つのが早い、というiyaoshisaiko(id:iyaoshisaiko)さんです。「きっと誰よりもSixTONESのことが好きなのはSixTONESだ。私はそんなSixTONESのことが好きで大好きで堪らない。」とつづられています。彼らへの愛にあふれた記事、ぜひ読んでみてください。


rspp.hatenablog.jp
挑発的な振り付けで話題になったSixTONESのオリジナル曲『RAM-PAM-PAM』。rspp(id:rspp)さんはこの曲で、彼らを推すことを決めたそうです。「SixTONESと、彼らの音楽とパフォーマンスは裏切らない」ことを確信しているというrsppさん。「世界を変えてほしいと思ってしまうのはわがままかもしれないけど、期待しすぎじゃないという確信があります。」と力強く語っています。


www.instagram.com

6つの原石は、宝石に。

www.sixtones.jp

デビューというスタートラインに立ったSixTONES。彼らとファンは、とても固い絆で結ばれています。

彼らへの応援やメッセージの投稿を、これからもお待ちしています。

ブログを書く