【鑑賞後にどうぞ】『天気の子』をもっと深める。 はてなブロガーがつづる「感想」と「考察」

作品に触れて、ブログにつづろう

映画や音楽、舞台、アニメに漫画......。新しい作品は今も続々と生み出され続けています。はてなブログには、それらの作品に触れて感じたこと考えたことをつづったエントリーが数多く投稿されています。


天気の子

2019年7月19日、新海誠監督によるアニメーション映画作品『天気の子』が劇場公開されました。はてなブログにも感想・考察エントリーが続々と寄せられています。本特集ではその一部をピックアップしてご紹介。


tenkinoko.com

作品に触れて感じることはひとそれぞれ。解釈の一致に思わずうなずいたり、真逆の感想に驚いたり、あるいは自分では思い至らなかった考えにうならされることもあるかも。はてなブロガーがつづる感想・考察の数々を通じて、作品への理解をもっと”深め”てみませんか?




雨と東京の街並みが描かれた、本作の予告PV第1弾

なお、本記事で紹介するエントリーの多くは作品の内容に触れるものです。これらの「ネタバレ」を避けるため、「まだ『天気の子』を見ていない」「これから見るつもり」という方はここでストップ。 鑑賞後に改めてこの記事を読まれることを強くオススメします。

『天気の子』について



爽快な音楽と美しい映像が強く心に残る、予告PV第2弾

本作『天気の子』は、『ほしのこえ』『秒速5センチメートル』『言の葉の庭』『君の名は。』などのアニメーション作品を手がけてきた新海誠監督の最新作。大ヒットを記録した『君の名は。』から引き続き、本作の音楽は人気ロックバンド・RADWIMPSが担当しています。




「セカイ」という単語を軸に監督の歴代作品が紹介される、予告PV第3弾

※注意※
以降、作品の内容に触れる、いわゆる「ネタバレ」的な記載が多く登場します。まだ映画『天気の子』をご覧になっていない方は、劇場でご鑑賞の上、改めて本記事をお読みいただくことをオススメします






























感想エントリ紹介

ここからは、『天気の子』を鑑賞したはてなブロガーによる感想や考察をピックアップしてご紹介。


samepa.hatenablog.com

本作を他のさまざまな作品と対比して考察する、id:samepacolaさんのエントリー。多岐にわたり丁寧に並べられた例示と考察は読みごたえ抜群です。


www.wakatsukikeita.work

「本作を最後まで観たものは Weathering With You に対してもう一つの意味を見出すことになる」と記事冒頭につづるid:wakatsukikeitaさん。描かれた結末が「セカイ」に向かって投げかけるメッセージを考察します。


boogyman.hateblo.jp

新海誠監督の作品にたびたび登場する言葉、「大丈夫」。id:tatsu2さんは、過去の作品も踏まえて、本作の「大丈夫」について考えています。


skerenmi.hatenadiary.org

「スガに記事を書けって言われている気さえしてきた」というid:skerenmiさん。本作の登場人物のひとりである「スガ」に特に着目して語るエントリー。


seia-youyong.hatenablog.com

予告や感想などの事前情報を一切仕入れずに劇場に向かったというid:seia_youyongさん。『天気の子』が描く「反道徳性」についてつづっています。


sangyoh-spy.hatenadiary.jp

終末系日常もの」としての『天気の子』を語るid:sangyoh710さん。他作品を例示しつつ、丁寧につづられています。


odayakana.hatenablog.com

本作を観て「アニメーションに救われた気持ち」になったと記すid:odayakanaさん。主題歌の歌詞にも着目し、本作がもたらした「救い」について語ります。


skezy.hatenablog.jp

本作を高く評価しつつ、一方で「物足りなさ」もあったとつづるid:skezyさん。「一方的に吐き出すだけではなく、叩けば返ってくる相手と感想戦が、したい。」と締めくくります。


motsuhiro.hatenablog.com

『天気の子』の舞台となった東京の”聖地”を巡る、id:exceed-yukikazeさんの探訪記。東京の景色に作中のカットを照らし合わせてながら歩きます。


※なお、映画『天気の子』公式サイトには「聖地巡礼」について以下のメッセージが掲載されています。訪問予定の方はぜひご一読ください。

”映画『天気の子』の本編中に登場する、または関連のある場所への訪問を予定されている皆様におかれましては、近隣住人の方々への配慮、及び節度のある行動、マナーに十分心掛けていただきますようお願い申し上げます。”

映画『天気の子』公式サイト

まだまだ読みたい『天気の子』エントリー

ここからは、紹介しきれなかったエントリーを一覧で掲載します。

【ネタバレ有り】『天気の子』のこと - 公衆独房

『天気の子』、『君の名は。』とはまた別方向の大傑作 - 基本読書

PS2版天気の子を俺たちは遊んだことが有る気がしてならないんだ。 - セラミックロケッツ!

劇場アニメ『天気の子』(2019年)レビュー:矮小なる“オレ”の選択 - アニ録ブログ

「天気の子」を見てきた当日の感想 - 星降りぬ

映画感想文『天気の子』 - 関内関外日記

映画『天気の子』―――少女の変化、祈るという行為 - 徒然もの書きぱん

【ネタバレ】『天気の子』は、もっと丁寧に語られてもいいんじゃないかって思ったワケよ。俺はね? - 鉄野はさみの映画感想録

【ネタバレ注意】新海誠監督のアニメ映画「天気の子」を観た感想/コントラスト鮮やかな名作 - 私の戦闘力は53万マイクロです

『天気の子』を一番見てほしかった人たちへの感想文 - ゆとりずむ

【感想】『天気の子』は大人になったおっさんを少しだけ変える話でもあった - 炭鉱夫は止まらない

天気の子 - 空気吸うだけ

本当に大事なことには、理由なんて無い方がいい 「天気の子」感想 - 月記

『天気の子』が照らした、社会システムの内と外 - シロクマの屑籠

映画『天気の子』感想。ポストジブリの期待からあえて距離を置く新海誠監督ら若手の俊英たち。あと『空母いぶき』『新聞記者』『天気の子』の3連発に出演する本田翼のアナーキストぶり - CDBのまんがdeシネマ日記

【新海誠監督最新作】『天気の子』 感想/自由と希望に満ち溢れた新たな境地へ - 蒼青堂

「天気の子」における須賀という大人の描き方について思うこと - 頭の上にミカンをのせる

『天気の子』の限界ネタバレオタク殴り書きです。 - キィの日記

フィクションの世界と素朴な祈り――『天気の子』感想 - 宇宙、日本、練馬

バランスのいい作品がラストで一線を越えてしまった!『天気の子』感想 - 真っ白な館

『天気の子』2回目を観にいった際のメモ一覧 - 真っ白な館

「天気の子」感想とちょっとした考察 ※ネタバレあり - 山とバイクと一人旅

新海誠 天気の子 ネタバレ雑感 - REV's blog

新海誠に負けた大人たち - 「天気の子」感想 - なんでも言及してやろう

「天気の子」感想 とてもひどい作品だったけど、でもこれでいいのだ - 頭の上にミカンをのせる

「天気の子」論ーその構造と面白さ - ytanaka's blog

天気の子が描くものは、僕らが15年前に置き忘れてきたなにかだ。 - 月刊ハコメガネマガジン

天気の子を解釈する2 ネタバレあり。新しい時代の竜退治譚。 - ものがたりを解釈する

『天気の子』2回目を観にいった際のメモ一覧 - 真っ白な館

映画『天気の子』の感想と考察:東京の陽と隠を描く 新海誠監督の前作『君の名は』からの変化 - Movie Magic

映画『天気の子』感想。シン・新海誠汁、度数100%に気持ち良く酔える大傑作 - 社会の独房から

ただ、圧倒的で。『 #天気の子 』公開初日に観に行ってきた(ネタバレなしの感想を興奮したまま書きます) - 雨宮美奈子、美徳はよろめかない

【映画感想】天気の子 ☆☆☆☆☆ - 琥珀色の戯言

私的記録:7月18日と7月19日について - 1k≒innocence

“天気の子” - three million cheers.

美しい映像と二人の選択、それらがもたらす映像と感情の逆転<天気の子/感想> - モリオの不定期なblog

東京になる、あるいは少年は如何にして「大丈夫」になったか?――『天気の子』について - 名馬であれば馬のうち

『天気の子』の結末を私は知っていたはずだった - モリノスノザジ

「書く」ことで、さらなる深みへ!

誰かの感想を読むことで作品を知ったり、共感したり、多様な考えに触れたりできるのが感想・考察エントリの魅力ですが、それだけではありません。作品への想いや考えを文章にすることで、作品との距離がぐっと縮まること、そうやって生まれた記事を読んだ人と思いをシェアできることも、感想・考察エントリの大きな魅力です。あなたも「語りたい作品」について、はてなブログに記してみませんか?

ブログを書く