はてなブログ公式の特集。編集部が気になるブログをピックアップしています。

【十二国記や芥川賞】話題の本がもっと楽しめる、はてなブロガーの読書感想文を集めました

日々、映画や小説、漫画に舞台など、さまざまな作品に対する感想・考察が数多く集まるはてなブログ。今回は、本への愛がすごい人のブログを集めました! 「話題の本を読みたくなる、深い感想・考察記事」から、「読書好きブロガーさんのおすすめ本まとめ記事」まで、秋の夜長に読書がしたくなっちゃうブログをお楽しみください🍁

人気になるには理由がある。いま話題の本の感想記事たち

まずは、話題の本を紹介する記事から。


小野不由美さんによる人気ファンタジー小説シリーズ「十二国記」の18年ぶりの書き下ろし新作、『白銀の墟 玄の月』(しろがねのおか くろのつき)が10月12日に刊行されました。

十二国記を「一個も文句がないくらい好き」と言う篠宮 光琴 (id:MikotoShinomiya)さんは、初心者にもよくわかるように「自らの思う十二国記の魅力と、読むべき理由」を熱く語ります。
mikotoshinomiya.hatenablog.com

発売から11年後、ようやく2019年に待望の日本語訳が出た中国の本格SF『三体』も高い評価を得ています。

英訳版が、世界的なSFの賞であるヒューゴー賞をアジアで初めて受賞し、シリーズ三部作が累計2100万部を突破したベストセラーの『三体』。ゴロネ(id:gorone89)さんは、あらすじを追いつつ、その面白さについて感情豊かにつづりました。
gorone89.hatenablog.com

2016年に韓国で出版された「82年生まれ、キム・ジヨン」も、2018年にようやく日本で発売となりました。

儒教の影響が強く、家父長制が残る韓国で、ごく普通の女性が体験する差別や苦悩を生々しく描いた本作。韓国では瞬く間に社会現象となり、「この本を読んだ」と発言しただけでひどいバッシングに晒されたK-POPアイドルもいるほどでした。yu (id:iamyu)さんは、yuさん自身も大好きなそのアイドル「アイリン」も絡めつつ、本作について思いをつづります。
iamyu.hateblo.jp

伴名練さんによる約9年ぶりの新作であり、初のSF短篇集『なめらかな世界と、その敵』。年刊日本SF傑作選(東京創元社)にも収録された本作は、書店完売が相次ぎ、瞬く間に5刷が決定するなど多くの注目を集めました。

冬木糸一(id:huyukiitoichi)さんは、そのうちの三作を紹介しながら「SFマニアからビギナーまであらゆる層を満足させる、オールタイム・ベスト級の傑作SF短篇集である」とつづっています。
huyukiitoichi.hatenadiary.jp

第161回芥川賞を受賞した「むらさきのスカートの女」。著者である今村夏子さんが築く、その非凡な構造の根幹について、id:jin07nov さんが読み解く書評です。
jin07nov.hatenablog.com

こちらは、帯の図が話題を呼んだ『ケーキの切れない非行少年たち』。


ケーキの切れない非行少年たち (新潮新書)

お祈り (id:oinor-i)さんは、本編前半のあらすじを紹介しつつ、ご自身の経験についても振り返ります。
oinor-i.hatenablog.com

はてなブロガーのおすすめ本はこちら

何の本を読むか迷っている方は、読書好きブロガーさんがおすすめ本をまとめた記事がぴったり。今年も、ブロガーさんたちの「2019年上半期のベスト本」を紹介するエントリーが多数集まりました。


kimaya.hatenablog.com

shiyuu-sf.hatenablog.com

hikimusubi.hatenablog.com

www.wuzuki.com

kinob5.hatenablog.com

小説を「要するにクソ面白い」と評する id:umd111 さんは、小説への愛を熱烈に表現しつつ、おすすめの本を掲載。
umd111.hatenablog.com

新しい読書法を知ってみるのも良いかもしれません。わっと(id:watto)さんは、努力目標と定めている「読書法」をいくつか紹介しています。
www.watto.nagoya


ほかにも、はてなブログには熱量のある書評をしたためたブログがたくさん。ここからは、紹介しきれなかったはてなブログを一覧で掲載します。

基本読書

四次元ことばブログ

ぶくぶくブックレビュー

ほんだなぶろぐ

活字耽溺者の書評集

読書熊録

うさるの厨二病な読書日記

ネコショカ(猫の書架)

快適読書生活

読書LIFE ~毎日が読書日和~


読書のあとは、感想をつづりませんか

読みたい本はみつかりましたか? 過ごしやすい秋の夜長に読書をしたら、ぜひブログに感想をつづってみてください! 自分なりの考えを文章にすることで、さらに作品を読み解くことができたり、思いもよらない発見があるかもしれません。

ブログを書く

お詫びと訂正

※本日17時に公開した内容に一部誤りがありました。読者からのご指摘により、2019年11月13日(水)18時30分に当該箇所を修正しました。お詫びして訂正いたします。

※タイトルが誤解をまねきやすい表現だったため、19時15分に一部を変更いたしました。ご指摘いただいたみなさま、ありがとうございました。


三体

三体

  • 作者: 劉慈欣,立原透耶,大森望,光吉さくら,ワンチャイ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2019/07/04
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る