はてなブログ公式の特集。編集部が気になるブログをピックアップしています。

『おジャ魔女どれみ』とともに育った、あなたへ。映画『魔女見習いをさがして』の感想を集めました。

あの頃、どんな「魔法」を夢見ていましたか?

www.youtube.com
1999年から4年間放送されたテレビアニメ『おジャ魔女どれみ』シリーズ。

放送開始から20年を超えた2020年11月13日、『おジャ魔女どれみ』シリーズ完全新作映画として映画『魔女見習いをさがして』が公開されました。

大人のための新たな“魔法”の物語」として描かれたのは、『おジャ魔女どれみ』とともに育った3人の「大人」の物語。

映画の主人公たちと同じく、『おジャ魔女どれみ』とともに育ったはてなブロガーたちが、『魔女見習いをさがして』の感想をつづりました。

感想はいわゆる「ネタバレ」的な記載が多く登場します。ご注意ください。

「大人にしかできないことを」

kiui-4.hatenablog.jp
どれみ達ではなく、『おジャ魔女どれみ』を見て育ったソラ・ミレ・レイカという3人の女性を主人公にした『魔女見習いをさがして』。「この作品のテーマを端的に表すなら『子供には出来ないけど、大人にはこんな事が出来る』だと思います」ときうぽよ(id:kiui_4)さんはいいます。「『魔女見習いを探して』という作品は、大人にしか味わうことの出来ない喜びをこれでもかと描いた作品」であると語っています。

「開始1秒で泣いた」

mito-913.hatenablog.com
『開始5秒で泣いた』という感想を何回か見て、これ誇張じゃなくマジだろうなと思い震えていたところ、開始1秒で泣いた」というのはみと(id:mito_913)さんです。「どれみちゃんたち全然出てこないけどちゃんとおジャ魔女どれみの話だった」と映画を振り返っています。

「魔法」が心に響いた

tanawomiteru.hatenablog.com
id:nekotora77さんは本作について、「明確にハッピーエンドには辿り着かず『これから、これから』ってところに着地するところがすごく良かった」と評しています。「最初から自分だけの魔法を持っていて、それは自分だけに見えない構造になっているだけなのかもしれないと、悩みを乗り越えた主人公たちを見て思った」とつづりました。

「憧れたヒロイン達」

wanwanfever.hatenablog.jp
"魔法"が現実に存在しないということが強く印象づけられるように描かれている」ように感じられたという本作。Sota(id:wanwanfever)さんは「あのころ憧れたヒーローやヒロインは現実に生きる私たちに"魔法"なんて”特別な力”は与えてはくれない。それでも、ふとしたとき前に進む力を、原動力を、少しだけ分けてくれる」と語っています。


私たちの、魔法

“一歩前に進む力をくれる”、映画『魔女見習いをさがして』。『おジャ魔女どれみ』を見て育った方も、『魔女見習いをさがして』を見た方も、ぜひ感想をブログに書いてみてください。

#おジャ魔女どれみ 、#魔女見習いをさがして をつけて記事を書く


www.lookingfor-magical-doremi.com