はてなブログ公式の特集。編集部が気になるブログをピックアップしています。

【空気階段、優勝】『キングオブコント2021』、歴代最高得点を叩き出した大会の感想を集めました

f:id:hatenablog:20211110142859p:plain
2008年から続く、「コント日本一」を決めるための大会『キングオブコント』。

2021年10月2日に第14回大会である『キングオブコント2021』が開かれ、決勝1本目のコントで歴代最高得点となる486点を叩き出した空気階段が優勝を果たしました。

そんな、『キングオブコント2021』について、はてなブロガーたちが熱く語っています。

「ああ、優勝しに来たんだ」

vietnamfaile.hatenablog.com
空気階段について「所謂社会不適合者で、陰キャで、人生があまりうまくいってないようなキャラクターが好きだった」と語る、id:vietnamfaileさん。『キングオブコント2021』での空気階段の決勝1本目のコント『火事』を見て、「ああ、優勝しに来たんだ。ついに彼らが優勝するステージが用意されたんだと、そう思った。神様は空気階段を見捨てなかったんだ」と感じたそうです。

「コントの未来ってめちゃくちゃ明るいじゃん」

ribboncitron.hatenablog.com
すみそ(id:Ribboncitron)さんは、「蛙亭の1本目、こんなんドロップされた途端に『最高の大会になるな』って確信しちゃうやつだよ」と蛙亭の『実験体No.164』について語ります。それぞれのコントついて、丁寧な言葉を贈っているブログです。

「遂に私はコントの優位性を発見した」

shinonomen.hatenablog.com
笑いの形式として漫才はコントより優れているのではないか」と思っていたという、東雲長閑(id:shinonomen)さん。しかし、『キングオブコント2021』を見て、「コントの優位性」を発見したそうです。

「キングオブコント審査員の審査を、して何になる?」

allentame.hateblo.jp
「コント日本一」を決める大会である『キングオブコント』。その中で重要になるのが、審査員の存在です。その審査員に注目した、エンタメ全般!blog(id:allentame)さんは「キングオブコント審査員の審査」をブログに書きました。

「伝説の回に火をつけるのは」

bitansanshowyou.hatenablog.com
ニューヨークのコント『結婚式の準備』の披露後について「松本人志の『おおむね、漫才でもできるネタなんですよね』に対して、屋敷の『じゃあM-1でこのネタやるから高得点付けてくださいね!? 100点付けてくださいね??』が最高だった」と語る、微炭酸のしょう油(id:bitansanshowyou)さん。「ミルクボーイが優勝した年のM-1もトップバッターのニューヨークがネタ後のコメントで『最悪や!!』を出して、そこから空気が和らぎ良い大会になったと言われている。伝説の回に火をつけるのは、もしかしたらニューヨーク屋敷なのかもしれない」といいます。

「ブリーフ姿の2人が流す涙はとても美しく見えた」

the108simulacra.hatenablog.com
空気階段のラジオ『空気階段の踊り場』のリスナーである、id:the108simulacraさんは、「2人がラジオで人生の全てを晒しながら、喧嘩を繰り返しながら、たどり着いたブリーフ姿。かたまりの、もぐらの、全力の存在証明が聞こえてくるようなコントだった」と『火事』を振り返ります。

「とにかく、来年が楽しみで楽しみで仕方ありませんね!」

2arctan-1.hatenablog.com
id:kaku90degreeさんは『キングオブコント2021』について「キングオブコントは毎年面白いのですが、今年は特に10組全てがとてもウケていたのが印象的でした。なんというか、賞レースとしてのワクワク感が一段階上がったような気がします」と語っています。