色あせた服を染め直ししたり、割れたうつわを金継ぎしたり! 「自分でお直し」したら、もっと好きになるかも

愛用していたけれど色あせてしまったTシャツや、大切な人からもらったのに欠けてしまったお皿。

そんなふうに、大切だったからこそなかなか処分することができずにタンスや戸棚の奥深くにしまいこんでいるアイテムはありませんか?

もしも捨てられない物を自分の手でお直ししてみたら……また使えるようになるだけでなく、愛着が湧いてさらにお気に入りになるかもしれません!

ということで今回は、愛用品を「自分でお直し」したらもっと好きになった! というエントリーを集めました!

染色

色あせたハーフパンツをバケツの中で染め直し

Image: 色褪せしたユニクロのロールアップパンツがもう買えないので染め粉「みやこ染め コールダイオール」で染め直し - I AM A DOG

愛用していたハーフパンツが色あせてしまったので自分で染め直したという OKP (id:OKP) さん。染めている最中の様子や、最終的に仕上がったものを写真つきで記しています。

自宅で衣類を染色するなんて準備も後片付けも大変そう……と思っていましたが、ポリ袋をかぶせたバケツの中で染めるテクニックをまねすれば、想像していたより手軽に取り組めそうです!

moognyk.jp

色が気に入らなければ自分で染めればいい!

Image: 白じゃないのが欲しいのだ - 双六二等兵

気に入らなければ、自分で好きに染めたら良いのよね。何故今まで、そこに気付かなかったものか。

白じゃないのが欲しいのだ - 双六二等兵

押入れの整理中に大昔に購入した染め粉を発見した ホビ (id:hobbiton) さん。何か染めるものがないかと考えたときに、白い色が気に入らずにタンスにしまい込んでいたという和装用の肌着を思いつき、早速染めてみたとつづります。

すごくきれいに染まっていますね! 私もなんだか自分に似合わない色だと思って買ってすぐに着なくなってしまった洋服があるんですが、なぜか新品同様の既製品を染めるという発想が出てきませんでした。そうか、自分で自分の好きな色に染めちゃえばいいんですね。

hobbiton.hatenadiary.jp

金継ぎ

「お気に入りが欠けてもがっかりしなくていい」し、使うたびにうれしい!

Image: 実は金継ぎをやってまして… - 独楽ログ〜こまログ〜

お気に入りが思いっきり割れても(もう買い直せないことが多い)、復活させることができるという感動よ! これがとても大きかった。使うたびにうれしい。

実は金継ぎをやってまして… - 独楽ログ〜こまログ〜

陶磁器にできてしまった欠けや割れを漆と金(もしくは金属粉)を使って修復する伝統的な技法、金継ぎ。

そんな金継ぎを長い準備期間を経てついに始めたという かめこん (id:camecon) さん。始めるに当たって参考にした書籍や使っている道具の一覧、実際に自分で金継ぎをしたうつわなどを紹介しています。

「これからいちいちお気に入りが欠けてもがっかりしなくていい」という かめこん さんの言葉を見て、一気に金継ぎに興味が湧いてきました!

camecon.hatenablog.com

ダーニング

自分の好きな色の糸で修復すれば、ますます愛着が湧く

Image: きのう一日 - seeho’s blog

ますます愛着ができ、捨てられない…
この世にうまれてきた布を糸くずになるさいごのさいごまで使ってあげたい。
(なんか勝手に使命感)

きのう一日 - seeho’s blog

ダーニングとは、衣類の穴あきや擦り切れを針と糸で修繕するイギリスの伝統的な修復方法のこと。

そんなダーニングで靴下や下着を修復したという id:seeho さん。自分で直したことでアイテムに対する愛着がますます湧いたと記しています。

カラフルでかわいい! まるで最初から刺繍が施されたアイテムみたいですね。何色の糸を使うか考えるのも楽しそうです。

seeho.hatenablog.com

自分で直すともっとお気に入りになる

Image: 服を自分で修理する - おやつく後記

そりゃもちろん、プロから見たらヘッタクソだと思う。でも自分でふさいだ穴って喜びもひとしお。「じゃあ次はコレもやってみよ!」ってアイデアもわいてくる。

服を自分で修理する - おやつく後記

最後にご紹介するのは しゅん (id:T_syun) さんによる、喜びと発見にあふれたこちらのエントリー。

お気に入りの洋服のお直しを専門店に依頼しようとしたところ、新品を買うよりも高くなりそうだったので自分で直すことにしたという しゅん さん。いざ挑戦してみたところ、予想以上にうまくできて感動したと語ります。

うれしくなって次の服はすべて分解して直したところ、今度は一から服を作ってみたいと思うようになったんだとか。しゅん さんの洋服完成エントリー、お待ちしています!

t-syun.hatenablog.com


なんだか今すぐクローゼットや戸棚を整理したくなってきました。大好きだったあのアイテムは、たしかあそこに眠っているはずです。あれがまた使えるようになるかもしれないと思ったら……それだけでワクワクしてきませんか?

あなたももし、自分で直したものがあったらブログに書いて教えてくださいね。

By 藤野在紗
Profile

藤野在紗

1991年生まれ。ライター 兼 シナリオライター 兼 一児の母です。ハロプロと深夜ラジオと寿司が好き。インターネットのやりすぎで常に眼精疲労と肩こりがひどいです。