はてなブログ公式の特集。編集部が気になるブログをピックアップしています。

藤本タツキ『ルックバック』感想ブログまとめ。『チェンソーマン』第一部完結後、初の長編読み切りについてはてなブロガーが語る。

2021年7月19日に集英社のデジタルマンガ雑誌サービス『少年ジャンプ+』で配信された読み切り漫画『ルックバック』。

作者は、大人気漫画『チェンソーマン』で知られる藤本タツキさんです。143ページのこの読み切り漫画が、『チェンソーマン』第一部完結後、初の作品公開でした。

深夜の公開にも関わらず、Twitterのトレンド1位を獲得し、さまざまな感想や考察を生んでいる本作について、はてなブロガーたちもブログで語っています。

「『なぜ描くのか』という自問自答」

enonoki.hatenablog.com
『ルックバック』で描こうとしていたことは『なぜ描くのか』という自問自答であるように思えます」という、id:enonokiさん。「当初、『京本の絶賛』で再起したように見えますが、本質的には違うのだと思います。藤野はただ『描きたいから描いた』のだということだと思います。それが藤野の出発点なんだと思います」と主人公・藤野が漫画を描く理由について考えました。

「現実をフィクションが塗り込める、その再帰的な希望を信じ続けて」

yumesatomura.hatenablog.com
id:yumesatomuraさんは本作に対して、「芸術への愛に溢れていて、世の中の陰惨なものへ立ち向かっていて、時間は一直線にしか流れていないけど、現実をフィクションが塗り込める、その再帰的な希望を信じ続けて。ありがとう」と言葉を寄せました。

「描かれるべき物語だっただろう」

zerokkuma.hatenablog.com
読み切りで143ページって、何と驚きつつ、すぐ読んだ」と語った、ひらりさ(id:zerokkuma1)さん。「藤本タツキの漫画はエンターテイメントで、無料でジャンプラに公開されて、読者を驚嘆させる仕掛けに満ちていたが、エゴイスティックでグロテスクなことには間違いない」とした上で、「それでも、『ルックバック』は、描かれるべき物語だっただろう。向いている方向は、当事者でもなく、全人類でもない。それはすべてのフィクションにとってそうなのだが」とまとめました。

「『back』には『背中』という意味もあります」

www.konjikiblog.com
金色(id:kirinnekokun)さんはタイトル『ルックバック』について「字面で捉えるとルックバックは『振り返って見ろ』『追憶せよ』という意味になるのですが、『back』には『背中』という意味もあります。つまり『ルックバック』は『背中を見ろ』という意味にもなる」といいます。作中に登場する「背中」という要素について考察しています。

終わりに

『ルックバック』についての感想を、ブログに書いてみませんか?

ブログを書く


追記

記事初出時、内容に一部誤りがありました。2021年7月19日(月)19時38分に当該箇所を修正しました。お詫びして訂正いたします。