はてなブログ公式の特集。編集部が気になるブログをピックアップしています。

韓国語の勉強ブログで描いた「本を出したい」という夢が、理想を超えた本になった(寄稿:YUKIKAWA)【書籍プレゼントあり】

※キャンペーンは終了しました。たくさんのご応募、ありがとうございました。

【書籍のプレゼント情報あります!】
韓国語を学べるブログ「ハングルマスター」のYUKIKAWAさんに、書籍『世界一わかりやすい韓国語の教科書』の出版までの心境やブログの面白さ、運営事情について寄稿いただきました。記事末にプレゼント情報もあります! この記事は、はてな×KADOKAWAで取り組む「ブログ書籍化プロジェクト」で出版される書籍のプロモーション記事です。

皆さま、こんにちは。韓国語を勉強できるブログ「ハングルマスター」を書いているYUKIKAWAと申します。2017年の春から韓国語のブログを始め、4年ほど毎日記事を更新しています。

この度、韓国語を0から始める方向けの韓国語初級本『世界一わかりやすい韓国語の教科書』を出版しました。

f:id:hatenablog:20210204152007j:plain

ブログを始めたころ、人気ブロガーさんが自著の出版について紹介している記事を拝見し、「いいな、うらやましいな、私もいつか本を出したいな」と思っていました。ですから、本の出版のお話をいただいた時はとてもうれしく、二つ返事で引き受けました。しかし、初めてのことばかりで悩んだことも多々ありました。

この記事では、私のブログ事情、本の出版に至るまでのお話を紹介させていただきたいと思います。

韓国語を勉強して「いつか本を出したい」という夢が現実へ

私がはてなブログを書くようになったきっかけは、知人がブログを始めたことです。私も以前ブログをやっていたことがあったので「また何か書こうかな~」と軽い気持ちで始めることにしました。

実は私、20代の頃からいろいろなブログサービスを利用して文章を書くのが趣味でした。その時ハマっているものを自分の視点で書き、飽きたらアカウントを消す。そしてまた、何か書きたいものが見つかったら新しくブログを作る。それを何度も……。読者がいる・いないは関係なく、全部自己満足のためにやっていて、「飽きたらやめる」というスタンスでした。

でも、せっかく新たに始めるなら、興味があることを記事にしたいと考えました。その時は、K-POPが好きで韓国語の歌詞を理解したいという思いから韓国語の勉強を始めたばかりだったので、「自分の韓国語復習サイトを作ろう」と思い立ちました。

ブログを始めた頃は韓国語の勉強も手探りで、内容に間違いも多く、少しきつめのご意見をいただくこともあり、「すみません、すぐに直します」と謝罪しながらブログを書く状態で、悲しい思いをすることもありました。でも、今ではコメントを書いてくださった方には大変感謝しています。

そして「自己満足でいい」なんてもったいないと思うようになりました。きちんとした記事を書いて、たくさんの方に届けたい。いただいた全ての言葉に耳を傾けて続けてきたブログは、1日平均1万人ほどの方が訪問してくださるようになり、時に「韓国語の勉強に役立っています」と問い合わせフォームからメールをいただくこともあります。

韓国語の勉強のために書籍を数冊購入していた私は、「もう少し情報が欲しいな」「もっとわかりやすい本はないかな」と少し不満に思っていました。その不満から転じて、「私だったらこんな本が欲しいな」「こういうふうに書いたらわかりやすいのに……」と思い、そのうちに「だったら自分が書けばいいんだ」「いつか私も本を出したい」という夢を持つようになりました

そして、韓国語の勉強ブログを書き始めて4年目の夏、本の出版のお話をいただきました。

心の中で「やったー」と叫びました。思い描いていた夢が現実になろうとしていると感じて、ワクワクが止まりませんでした。

本を作るプロの力で理想の本に近づけた

本作りについて私は最初、「今までブログでやってきたことを本にするだけ」 「自分が思い描く本を作れる」という安易な考えと、変な自信を持っていました。

自分のブログでは一人だけでカスタマイズして好きなように見せたり発信したりできますが、本を作るとなると、自分一人だけではなくチームで作ることになります。原稿の内容や構成は、自分で書いて進めていけるのですが、編集やレイアウトなどは出版社の方が行ってくれます。

その際、自分が思い描いていたものと少しイメージが違うことがありました。そのまま「イメージが違う」と伝えたかったのですが、どう違うかうまく言えませんでした。メールでやりとりしていたのですが、文章で自分のイメージを具体的に伝えるというのは、とても難しいものです。

自分の考えをうまく言葉にできないことにもどかしさを覚え、素人の私が「自分の理想とは違う」と口にしてもいいのだろうかと悩みました。そこで「さすがプロ!」と思う出来事がありました。理想と違うと言った私に、再度違うパターンを3つも考えて提示してくれたのです。そして、その中から私の理想に近いものを選択することができました。

本の帯に載せる文章についても、本の内容を的確に要約していて、どういう方におすすめなのか、特徴がぱっと理解できます。プロの方ってすごいなと驚くことがたくさんありました。

一人で本を作ることはもちろんできません。どのような内容の本が一般的なのか、売れる本とはどういうものなのか、プロの方の力なくしては本を作ることはできません。最終的には、最初に私が描いていた理想の本よりも素晴らしい本が出来上がりました。書き終えた今、チームの力は単純な足し算ではなく、もっと大きな数字になったと確信しています。

本が完成して、誰に一番早く伝えたかったかというと天国にいる祖母なのですが、新型コロナウイルスの関係で1年以上地元には帰ることができず、まだお墓参りに行けていません。今は、早くおばあちゃんに「あなたの孫が本を出したよ!」「夢が叶ったよ!」と報告しに行きたいです。

「好きなこと」から入れば語学って面白い!

『世界一わかりやすい韓国語の教科書』は、韓国語の勉強を始めて間もない方向けの本です。韓国語の勉強を始めようと思い立った人、また韓国語に興味がある人に、韓国語をわかりやすく解説した本です。文章だけでなくイラストや表を入れることで楽しんで学習できるようにと、こだわって作りました

以前、英語の勉強をしようと思ったことがあったのですが、まったく楽しめずにやめてしまいました。英語が話せたら海外旅行の時に楽かもしれないという安易な考えで勉強しようとしたのですが、理由が弱いと続かないものです。

韓国語の勉強は、最初に書いた通りK-POPの歌詞を理解したいという思いから始めました。そうすると、どんどん気になる単語が出てくるのです。好きなことから入ると、語学ってとても楽しいです。もしかしたら英語の勉強も、好きなハリウッド映画の俳優がいれば楽しめたのかもしれません。「言語を学ぶ」というと難しそうに感じますが、それぞれの国の言葉の面白さに気づくと意外とハマります。

韓国に旅行していた際に、コスメショップで、日本語が上手な店員さん・日本語がわからない店員さん・私、3人で話をしていたときになぜか「蚊」の話になりました。蚊のことを、韓国語では「モギ」、英語では「モスキトゥ」、中国語では「ウェンツー」といいます。日本語では一音で「カ」と発音することに驚かれました。

語学では「他の国の言葉を覚える」ことだけではなく、「日本語との違いを見つける」と、とても楽しいのです。世界にはおよそ7,000ほどの言語が存在し、中には日本語の方言のような言語も含まれるそうです。もし挑戦したい言語がある方は、苦手意識を持たずに好きなところから勉強を始めてみてはいかがでしょうか。もし韓国語に興味を持ったら、『世界一わかりやすい韓国語の教科書』を手に取っていただき、この本の良さが伝わればうれしいなと思っています。

世界一わかりやすい韓国語の教科書

世界一わかりやすい韓国語の教科書

  • 作者:YUKIKAWA
  • 発売日: 2021/01/16
  • メディア: Kindle版

ブログは「自分のこだわり」を発揮できるツール

ブログを始めるきっかけは、人それぞれです。私の場合は先述の通り知人がきっかけでしたが、10人いれば10通りのきっかけがあると思います。

中には「ファンがたくさん欲しい!」「有名になりたい!」という人もいるでしょう。いわゆる“人気ブロガー”になりたい場合は、やはりファン(ブログ訪問のリピーター率)が重要になってくると思います。実は私のブログは、1日の訪問者数が1万人いても、そのうち80%くらいは新規の方でリピーター率は低め、「ファンがたくさんいる人気ブロガー」とは言えません。

ブログをやめていく方の理由も十人十色で、お金にならなかったから、ファンがつかないから、書くのに飽きたから、どれもその方自身の理由なのだと思います。

でも……せっかく作ったブログ、簡単にやめるのはもったいない!

私の場合は好きな韓国語について書き続けているうちに「本を作りたい」という夢ができて、それが目標へと変化しました。「継続する」ということが一番大事なように思います。

書くのをやめたいと思っても、もしかしたらまた書きたくなるかもしれないし、自分が以前書いた記事を読んで懐かしくなることもあるのでは? 皆さんそれぞれの思い入れがあると思うので、もしやめようかなと考える方は「私にとってのブログって何だろう」と思い返してみるのもいいかもしれません。

私にとってのブログ……それは「居場所」です。ブログを書くことが日常となり、息をするのとほぼ同じ(これは大袈裟ですね……笑)。「はてなブログに在籍しています!」という、部活のような感覚を持っています。好きで始めたことを毎日ちょっとずつ無理しない程度に楽しむ、そんな大好きで大切な「居場所」なんだと思います。

ブログに好きなことを書いて広めて、仲間ができるのって、楽しいです。時には辛口なコメントが来ることもあるかもしれません。でもいろいろな意見があって当たり前なのです。育った環境も違えば書く環境も違う。みんな違って、みんな良いのです。

ブログを始めて感じたのは、自分の勉強したことが誰かの役に立つということ。自分が得た知識を出し惜しみせずに発信することで感謝してくださる方がいたということ。自分の「好き」をみんなと共有できること。

ブログには一人一人のこだわりが詰まっているものだと私は思います。ブログは、自分のこだわりを存分に発揮できる最高のツールです。これからも、はてなブログのたくさんのブロガーさんたちと一緒に楽しいブログライフを送りたいと思います。

著者:YUKIKAWAid:yukik8er

YUKIKAWA

1983年生まれ。韓国語に興味を持ち、2017年に韓国語を独学で学べるブログ「ハングルマスター」を開設し、さまざまな単語や使えるフレーズを紹介。これが大ヒットし、現在「ハングルマスター」は平均月間160万PVを獲得、大人気ブログへと急成長している。「将来、覚えた韓国語を使って、韓日交流の架け橋となるような仕事に携わりたい」。そんな思いのもと、日々、ドラマなどを通して韓国語に触れ、楽しく勉強中。

ブログ:ハングルマスター
Twitter:@Hangul_master_t

YUKIKAWAさんの著書『世界一わかりやすい韓国語の教科書』を抽選で10名様にプレゼントします。詳細は以下の応募要項をご覧ください。たくさんのご応募、お待ちしています!

応募要項

応募期間 2021年2月10日(水)~2021年2月16日(火)23:59
賞品・当選者数 『世界一わかりやすい韓国語の教科書』10名様
応募方法 この記事をはてなブックマークに追加 し「#YUKIKAWAさん本プレゼント」と記入してください。このエントリーをはてなブックマークに追加
抽選と発表 応募期間終了後に厳正な抽選を行い、当選ユーザー様の登録メールアドレス宛に送付先情報等を確認するメールをお送りします(取得した情報は本賞品送付用途以外には使用いたしません)。なお、送付先は国内に限らせていただきます。
発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

※最近、当選のお知らせメールに返信がなく、当選が無効となるケースが多発しております。ご応募の際は登録メールアドレスのご確認をお願いします。

※この記事は以下の取り組みで出版された本の紹介記事です
hatenacorp.jp

※記事初出時、キャンペーン応募要項中の「応募方法」に記載したはてなブックマークへの追加ボタンにリンクしたURLが間違っていました。2021年2月10日(水)17時00分、当該箇所を修正いたしました。誤ったURLをブックマークされた方はこのページのURLを再度ブックマークし直していただければ幸いです。対象のユーザー様にははてなへの登録メールアドレス宛てにメールをお送りしています。なお、ブックマークし直しの有無に限らず、応募条件を満たした方は全員抽選対象になります。

関連記事

blog.hatenablog.com

blog.hatenablog.com


編集:はてな編集部