「それでも人生は続いていく」。40代からの生き方とどう向き合うか

f:id:hatenablog:20220325154539j:plain

40代くらいで、僕と同じような虚無を抱いている人は他にもいるだろう

どうせ俺らは早く死ぬ - phaの日記

40代を迎えた id:pha さんが抱く「若さの終わり」や「みずみずしい喪失感」をつづったエントリー「どうせ俺らは早く死ぬ」。同世代のはてなブロガーから反響を呼び、それぞれの「40代からの生き方」を言葉にするエントリーが連なりました。

さまざまなターニングポイントを乗り越えて、それでもなお続く人生を、はてなブロガーはどのように受け止めているのでしょうか?

「生きに生きて40代」しかありえない

こうやって人生の先へ先へと進むたび、みずみずしいと感じられるもの・目新しいと感じられるもの・少し前まで無かったものが現れ、今までそうだったものが色あせていくのだから、一個の人間の行く先はまだわからないし、人生の総括など死ぬまで到底できそうにない。

生きに生きて40歳、俺らは結構長く生きた - シロクマの屑籠

「焼きたての手作り菓子のよう」な pha さんのエントリーに言及するのは野暮で無粋だと断りを入れつつ、「精一杯やっていくしかないし、精いっぱい見つめていくしかないんだよ、と思う」と共感の言葉を寄せた シロクマ(id:p_shirokuma)さん。他方で、40代後半の実感としては生きに生きて40代であり、「ここまで活動できた天命に感謝するとともに、毎年毎年を精いっぱい生きてみたいと願望するしかない」と結びました。

p-shirokuma.hatenadiary.com

中高年における人生の「充実」「生きがい」とは

なぜ人は歳を重ねる毎に感受性が摩耗し、そう簡単に「充実」できなくなってしまうのだろう?

『自由』が『虚無』と化した先の人生の生きがいについて(あるいは個人主義と共同体主義の狭間で) - 自意識高い系男子

たにし(id:Ta-nishi)さんは、シロクマ さんの一節を受け、老化による感受性の摩耗によって「思春期モラトリアム的生活スタイル」に限界を感じるようになったとつづっています。そんな中高年における「充実」や「生きがい」を模索しています。

ta-nishi.hatenablog.com

「そう、わたしはまだ自分の人生に飽きたくない」

それでもわたしは自分の人生に飽きないために、なにかあるんじゃないか、ともがいている。子どもを産んだって自分の人生の主役はわたしだし、メインステージじゃなくたって、立派に歌い踊れるんじゃないか。自分の役目を果たせるんじゃないか。そんなふうに思って、その「役目」を探し続けているような気がするのだ。

自分の人生に飽きたくない - インターネットの備忘録

物事に熱中するエネルギーの落ち着きやライフステージの変化によって「人生の秋」を感じているという はせ おやさい(id:hase0831)さん。それでも「わたしはまだ自分の人生に飽きたくない」と思いを込めています。

また、「もっといろんな人の文章を読みたい。みんなどこで書いているの」と投げかけ、はてなブロガーたちがそれに応じました。
hase0831.hatenablog.jp

備えて待ち、しぶとく生き続け、ベーコンを作る

今、絶望的な気持ちにならずにベーコンを美味しくいただけているだけでも、それで十分だ。

若者になれなかった人生をしぶとく生き続ける - 今日も知らない街を歩く

これまでの「40代からの生き方」エントリーの言葉を引きつつ、熱狂しきれなかった若者時代を振り返る タウンビギナー(id:TownBeginner)さん。「チャンスを待つためにどうやってしぶとく生き続けるか。きっとこれからもそういったことを考えながらしぶとく生き続ける」とつづり、ベーコンを作りました。
townbeginner.hatenablog.com

”大人”になることを迫られる40代

いい加減“大人”にならないといけないのだなぁ、と思います。裏を返せば人生がまだ続くことを受け入れたということでもあり、まだまだ山あり谷ありの道をよいしょよいしょと進んでいかねばなりません。

1975年に生まれて40年以上経ちました - Really Saying Something

id:toya さんは、人生100年時代ならば「まだ折り返し地点にすら到達していない」一方で、「さらに急に“大人”になることを迫られるので、困惑している」と複雑な心境をつづっています。50歳で折り返しを迎える自分に思いを巡らせながら、「同世代の皆さま、お互い健康には気を付けて歩んでまいりましょう」と語りかけました。
toya.hatenablog.com

人生の「オーナー」として自分を愛おしむ

今はとりとめもない話はブログやTwitterでとりあえず書けばいいやとばかりに書いている。熱狂とは程遠い。だが、いまはそれでも問題ないという気分になっている。元々が熱狂から遠いところにいたのだから、少しの灯火があれば、それで十分だ。

人生に飽きる? それって頭でっかちな生き方だと思う - Back To Life

はせ おやさいさんの言葉を受けて、「自分の人生に今のところ『飽きる』気配をまるで感じていない」どころか、より一層楽しくなっているという 踊る猫(id:straycatboogie)さん。精神や肉体、人生の「オーナー」として満ち足りた人生を送りたいとつづりました。

backtolife.hatenablog.com

「おれの40代のこの先には希望しか見えねえ」

というわけで、おれはまだ無敵だ。まだまだいける。やれるに決まっている。やれないはずがない。まだイケる、まだまだイケる。今だ、今なんだ。今しかねえ。振り返るな、そこにはなにもない。本当にない。今やるんだ。それしかねえ。やるなら今しかねえ。

40代のおれは無敵で最強すぎるから直線でおまえらをぶっこ抜いてやる - 関内関外日記

自分自身を、多くの読者を鼓舞する 黄金頭(id:goldhead)さんによるエントリーです。

goldhead.hatenablog.com

死ぬには贅肉が付きすぎた。体にも心にも

うまくいかなかったこともあり、まあ、何とかなったこともありの中で、悩んだり葛藤したりしながら明確な言語化できる状態を持たず、後の人生を消化試合のように、または東京マラソンの一般参加の選手のように、ゆっくりとそんなに悪くない人生を淡淡と過ごしていく。

40代。自分の場合は「死ぬには歳をとりすぎた」 - orangestarの雑記

他の人がブログで語るような「喪失」は感じておらず、30代の頃に失ったものを「今やっとそれを取り戻せる状態になった」と考えている 小島アジコ id:orangestar さん。40代までのうまくいった経験と、うまくいかなかった経験を受け止めて、「ある程度うまくつまらない大人になれた」と語ります。

orangestar.hatenadiary.jp

40代は、ズルいよ。

今回エントリを書いている方々は「自分は年をとっちゃいまして」というゆるがぬ資格のようなものを手に入れていて、それをちらちらと見せびらかしながら、「さてこいつを使って何をしてやろうか」と思案してみせている。

実に楽しそうである。

40代は、ズルいよ。 - 犬だって言いたいことがあるのだ。

ブロガーごとの40代の見解の違いを楽しんだ いぬじん(id:inujin)さんは、ふと「みんな、ズルいな」と思ったとのこと。「自他ともに認める『それなりに年を取ってしまった人間』になれちゃう」40代のズルさを取り上げ、年を取ることをを前向きにとらえています。
inujin.hatenablog.com



言及が言及を呼び、さまざまな視点から語られた「40代からの生き方」。ブログを読んで湧き上がった「実感」をはてなブログでつづってみませんか?


はてなブログで話題になっているモノ・ヒト・コトを募集しています

週刊はてなブログでは、これからも「はてなブログで話題のモノ・ヒト・コト」を紹介していきます。そこで、「実は今はてなブログでこの話題がアツいんです」「こんな記事に背中を押されました」という話題やブログを募集します! リクエストは編集部が読んで、週刊はてなブログで記事にするかもしれません。リクエストフォームからぜひ教えてください!

By 中村碧
Profile

中村碧

2001年岐阜生まれ。京都の大学生。気さく。規則正しい生活を送ることが得意です。好きなブログが更新されるたびニンマリしています。